デパート勤務・20代

結婚するまで性病などにはかかったことがなかったし、まさか妊娠中にクラミジアにかかるだなんて思ってもいませんでした。妊娠の安定期に入ってから、なんとなくおりものが普段と違うなと思って病院で相談した所、クラミジアに感染していることが分かったのです。治療自体は、お薬を出してもらって1週間で治りましたけれど、夫がどこからか感染してきたということを考えると、本当に腹が立ちましたね。あとからネットでこういう病気の女性編とか女性体験談を見てみると、私みたいに妊娠中に移されるケースが覆いうことを知りました。性病にはいろいろな種類があると思いますけれど、妊娠中に感染してしまうと、母子感染のリスクが高くなってしまうので、おかしいなと感じたらすぐに病院に相談するのが良いと思いました。

 

飲食店勤務・40代

気になる不正出血が続いたため、病院を受診した所、性病にかかっていることが分かりました。もしかしたら妊娠による切迫流産かななんて思っていたものですから、驚きとショックを隠せずに動揺してしまいましたが、先生から「難しい病気ではないから、薬を服用してサッと治しましょう」と言われました。しかし、薬を飲んだところ、3日目ぐらいで蕁麻疹が出てしまい、病院に連絡したら副作用だと言われたのです。これまで、薬で副作用が出たことはなかったので心配でしたが、お薬を変えてもらって対応できました。性病にかかったこと自体が私にとってはトラウマ的な体験でしたけれど、治療のお薬で副作用が出たこともショックで、精神的にセックスに興味を持てるようになるには少し時間がかかってしまいそうです。

 

百貨店勤務・30代

数か月前になりますが、なんとなくおりものの量が増えてニオイもきつくなり、おかしいなと思っていました。でもその他は特に変わったこともなかったし、医者に行く事にも抵抗があったので、放置していました。でも彼とのセックスの時に痛みを感じるようになり、もしかしたら性病かもしれないと思ってネットで買った検査キットを使ってみたのです。結果は1週間ぐらいで分かり、クラミジアにかかっていたことが判明しました。彼以外とはセックスをしていないので、きっと感染源は彼ですよね。病院でお薬をもらうことも考えたのですが、どうしても性病で病院に行くということに抵抗があったので、ネットでいろいろ調べて個人輸入でジスロマックという治療薬を買ったのです。いろいろな種類があり、価格も安いものから高めのものまでありましたけれど、品質管理や衛生管理の面が不安だったので、カナダ産のものを買いました。ジスロマックは1回飲むと1週間効果が続くので、手間がかからないという点が便利だなと思ったのと、副作用が出にくいという点も安心できました。2週間ぐらい薬を飲み、そこから1ヶ月ぐらいたったころにもう一度検査キットを使ってみたところ、結果が陰性だったので、おそらく完治できたのだと思います。

 

パート主婦・20代

主人以外の男性とは性行為はしたことがなく、まさか自分が性病にかかるとは考えたこともありませんでした。しかし、数か月前からなんとなく性行為の時に痛みを感じるようになったり、おりもののにおいが変わったような気がして、おかしいなと思っていたのです。気になるので病院に行ったところ、クラミジアにかかっていると言われました。恥ずかしながら、それがどんな病気だからわからず、お薬だけいただいて帰宅したのですが、ネットで見たら性病なのですね。しかも、性行為でしかうつることがない病気ということを知り、夫が浮気したことをそこで初めて知ったのです。病気の治療自体はそれほど難しいことはなく、処方されたお薬を毎日2回飲んでいたところ、2週間ぐらいで治りました。その後、1ヶ月ぐらいしてからもう一度病院で検査を受けて、その時には既に陰性だったので、先生からもう大丈夫でしょうと言われ、治療は終了しました。検査も治療もそれほど大変なことはありませんでしたし、お薬を飲めばサッと治るので、性行為をしている人なら、その相手がパートナーでも定期的に検査は受けたほうが良いなと思いましたね。

 

会社員・20代

喉の痛みが続くなと思って病院に行ったところ、婦人科を受診してみてくださいと言われました。そこでいろいろ検査をしたところ、クラミジアにかかっていることを知りました。性病ってまさか自分がかかるとは思いませんでしたけれど、けっこうかかりやすい病気のようですね。簡単に治るから大丈夫ですよと医師に言われてお薬を処方してもらい、毎日欠かさず飲んで、素早く完治することができました。放置すると将来の不妊などにつながると言われて怖くなりましたし、喉の痛みがまさか性病の症状だとは意外でしたけれど、おかしいなと思ったら念のために病院で検査してもらう事が大切ということを再認識できたことは、良かったですね。