クラミジアは日本国内における性感染症の中でも、最も患者数が多い疾患として知られています。治療には内服薬を使うのが一般的ですが、内服薬はドラッグストアなどでは購入できないだけでなく、健康保険適用外となってしまうため、価格は割高になることが多いものです。それに、性病で通院するということに抵抗がある人も多いですよね。そんな人にぜひ検討していただきたいのが、個人輸入を使ったクラミジアの治療方法です。

 

個人輸入というのは、海外で販売されている医薬品を通販で購入するというもので、日本国内では医者の処方箋がなければ入手できないお薬でも、安く購入できるというメリットが期待できます。製造国によっては品質管理や衛生管理の面で不安な材料はあるものの、製造国や商品をきちんと選べば、自宅で、しかも匿名で性病の治療をすることができます。

 

クラミジアの治療薬にはいろいろなお薬がありますが、その中でも人気が高いのは、アジスロマイシン水和物が主成分となっているジスロマックです。このお薬は副作用が少なくて作用が強い抗生物質で、膣や尿道がクラミジアに感染している時には大きな作用が期待できます。ジスロマックは1回服用すると作用が1週間程度継続するという特徴があり、うっかり飲み忘れてしまいやすい人にとっては、ぜひおすすめのお薬と言えるでしょう。日本国内ではドラッグストアなどでは市販されていないので、手に入れるためには病院に行かなければいけませんが、個人輸入を利用すれば、ネットで自宅にいながら購入することが可能です。

 

ジスロマックには錠剤タイプとシロップタイプとがあるほか、アジスロマイシン配合量によって250mg、500mg、1000mg入りなどの種類があります。クラミジアの治療は、ジスロマックを使うと1週間~2週間程度で完治できますし、このお薬は1回飲むと効果が1週間続くので、1錠だけ購入することも可能です。アジスロマイシン配合量によっては、服用が必要な回数が1回ではなく数回になることがあるので、比較しながらライフスタイルに合わせものを選ぶことが必要ですし、個人輸入で購入する場合には、最初に完治までに必要な量をまとめて購入するのがおすすめです。クラミジアに限らず、性病の治療では一気に治すのがポイントで、薬の服用を途中で辞めてしまったり、お薬がなくなって再注文するなどで服用にブランク期間ができてしまうと、その間に細菌が耐性を作ってしまうリスクがあります。そうならないように、服用を始めたら完治までブランク期間を入れずに一気に治すことが必要なのです。

 

クラミジアの治療薬として大人気のジスロマックは、残念ながら健康保険が適用されないお薬なので、病院で処方してもらう場合にはかなり割高感があります。そういうお薬こそ、ジェネリックを活用して少しでもコスト的に安く購入したいですよね。ジスロマックには、アジーというジェネリック薬が出ていて、個人輸入を利用すればかなりリーズナブルに購入することができます。病院に行かずに自宅で治療する場合、確実に完治させるためには、治療期間の目安となる1週間~2週間内でも、1週間で症状がなくなったからと服用を辞めてしまわずに、2週間ぐらいは続けた方が良いでしょう。念には念を入れた治療をしたほうが、確実に病原体を撃退できることにつながります。

 

個人輸入でアジーを購入することもできます。1錠あたり250円~600円程度とリーズナブルなので、利用する人は多いですね。個人輸入では、輸入代行をしている業者によって価格設定が異なるので、同じ商品でも業者ごとに価格は違いますし、アジーのジェネリックでも国によって販売価格が異なります。そのため、複数の業者を比較して、賢くショッピングするのが良いでしょう。ただし、安すぎる場合には注意が必要で、ジェネリックと称した偽物商品である可能性もあります。業者選びの際には、口コミなども参考にしながら、できるだけ信頼できる業者から信頼できる商品を購入するのがポイントですね。

 

ジスロマックのジェネリック商品となるアジーは、アジスロマイシンの配合量によって作用の強さや服用の頻度が異なります。250mg入りは1日に2錠飲む必要があり、3日間服用しなければいけません。症状がひどくて尿道炎や子宮頚管炎を起こしている場合には、250mgでは十分ではないため、1000mgを1日1回の服用にしたほうが良いでしょう。アジーには500mg入りもあり、こちらは1日2錠を1回だけ服用することで、作用が1週間続きます。この点は1000mg入りと同じですが、1000mg入りの場合には作用が強いため、クラミジアの感染度合いがひどい場合にはこちらの方が良いでしょう。また、状態によっては1000mg入りを3日間続けて継続する治療法もあるので、できれば医師に相談しながら決めるのがおすすめです。作用が強くなると胃が痛くなったり吐き気などの副作用が起こりやすくなるため、その点も兼ね合いを見ながら薬を服用しなければいけません。

 

※2017年現在